鬼速PDCA【最速最短で結果を出す方法】

BOOK

これだけビジネスの環境の変化が大きくなった今の時代こそ
成長スピードが速く、柔軟性の源にもなる「PDCA力」は
会社にとっても個人にとっても最高のスキルである

鬼速PDCA | 冨田和成 | ビジネススキル | Kindleストア | Amazon
Amazonで冨田和成の鬼速PDCA。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

 

当記事はこんな方にオススメ!
・PDCAサイクルについて知りたい方
・圧倒的に成長したい!
・目標を達成したい。

PDCAの5割は〇〇で決まる!

PDCAの5割は「計画」で決まる!

計画があいまいだと。。
何をすべきか
→何を検証すべきか
→どう対策すればいいか

これらが分からない😱

 

この問題を解決するにはどうしたらいいか

・逆に計画で汗を流して
・数値目標に落とし込み
・綿密な目標を立てる

そうすることでその後のステップがスムーズに!

 

鬼速PDCAサイクル

では早速本題の鬼速PDCAサイクルをご紹介👍

PLAN :計画

まず最終的に到達したい山頂を決める
GOALをはっきりさせる→現在地とのGAPが明確になり
課題・道すじが見える!

DO :実行

複数のアクションに分解
さらにアクションを
具体的なタスクレベルに落とし込んでひたすら実行へ
ポイント:アクション→タスクへの具体化をなるべく迅速に行う

CHECK :検証

こまめに検証→「実行サイクルの無駄打ちを減らす」
自分の仮説を疑う客観的な目線が重要
「もっと良い方法はないか」
「他にやるべきことはないか」

実行⇨自信満々に 検証⇨疑心暗鬼に これがPDCAのキホン

ADJUST :調整

(本来、AはACTION〈実行〉、
本書ではこれとDOの意味が似るので
良い部分を伸ばす意味でADJUSTにしている)

ゴールレベル・計画レベル・解決案や行動レベル の調整
または調整不要(次のPDCAへ)

 

10分でできる鬼速PDCA

10分でできる鬼速PDCAをご紹介します!

ぜひあなたも自分の目標を当てはめてPDCAを回してください👍

 

①ゴール設定
あなたのゴールはなんですか?

 

②課題を考える【制限時間3分】
ゴールの実現するにあたって考えられる課題をできるだけ多く書き出す
(目安:7個以上)

 

③課題の絞り込み【制限時間30秒】
上で書き出した課題の中から
「もっともインパクトがありそうなもの」
を3つ選んで丸をしてください。

 

④解決策を考える【制限時間3分】
3つに絞った課題を解決する方法を書き出してください。
課題ごとに分けて書き出す必要はありません。

 

⑤解決策の絞り込み【制限時間30秒】
上で書き出した解決策のなかから
「もっともインパクトがありそうなもの」
を3つ選んで丸をしてください。

 

⑥タスク化【制限時間2分】
3つに絞った解決策について
「手段(どうやるか)」と
「期日(いつまでにやるか)」を決めてください。

 

⑦見える化【制限時間1分】
上で決めたタスクをスケジュール帳に書き写してください。
(複数人でのワークの場合は、隣の人とシェアしてください)

 

以上です。

無駄がなく、
真っ直ぐに目標達成へ向かう事が出来そうですよね!

ぜひこの
「10分でできるPDCA」の部分をコピーして
メモ帳アプリなどに残して、時間のある時にやってみてください😁

 

まとめ

最近読む本のどれにも共通している事がある。

それは「GOAL設定」の重要性

現状の外側に、
目的をもち、大きな目標を設定する。

それを達成していくプロセスが
鬼速PDCAには書かれている。

人生を全力で生きたい人は読むべき1冊です。

鬼速PDCA | 冨田和成 | ビジネススキル | Kindleストア | Amazon
Amazonで冨田和成の鬼速PDCA。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

 

NEXT GOAL
・圧倒的現状の外側にあるGOALを設定
・GOALに臨場感を持たせる

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました