言葉は現実化する【理想の未来をつくる方法】

BOOK
当記事はこんな方にオススメ!
・人生を幸せに生きたい方
・緊張や不安を言葉の力で消し去りたい方
・言葉の持つ力を知りたい方

ふだんの何気ない言葉が
あなたの未来を決めている

 

この記事を読み終えたあなたはこの意味を知って驚愕するでしょう。

言葉は現実化する 人生は、たった“ひと言”から動きはじめる (きずな出版) | 永松 茂久 | 自己啓発 | Kindleストア | Amazon
Amazonで永松 茂久の言葉は現実化する 人生は、たった“ひと言”から動きはじめる (きずな出版)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

 

うまくいく人は言葉の力を知っている。

突然ですが、イメージしてください。

あなたが三日三晩、オムライスのことを想像したとします。

あなたの頭の中は当然、黄色い卵とケチャップの
めちゃくちゃ美味しそうな絵でいっぱいになっていると思います。

その状態で洋食屋に行き、
オムライスという念波を出しながらこう注文してみてください。

「カレーください」

さて、あなたの目の前には何の料理が出てくるでしょうか。

 

正解はカレーです。

 

つまり何が言いたいかというと、思考より言葉の方が強いということ。

 

あなたが仕事で成功したいのに、
俺なんか大したことないビジネスマンだ。。

これを口癖のように言っているとしましょう。

この場合、意識と言葉どっちが勝つでしょうか

正解は言葉

あなたの言葉があなた自身を、
たいしたことないビジネスマン」にするように脳に命令を出している。

 

思考と逆の言葉を使っていると、
本音でいくら成功したいと思っていたとしても

脳の深い部分では、その注文を全く受け付けてくれないのです。

本音や意思よりも圧倒的に強い力を持つのは、
言葉を受けた脳が及ぼす影響力なんです。

 

 

たとえ嘘でもいい。プラス言葉を口にする

何かにチャレンジする時
「私にはできる」と思い込んだことはうまくいき
「無理かも」と口にした瞬間、言葉通り無理になる。

あなたの言葉を1番聞いているのは、
他ならぬ、あなた自身なのです。

 

代表的プラス言葉

いいね
ありがとう
すごい
大丈夫だ
もっとよくなる

代表的マイナス言葉

×無理だ
×不安だ
×めんどくさい
×できない
×ついてない

 

たとえ気持ちが伴っていなくても、
繰り返しプラス言葉を使うことで、気持ちや状況、感情が後からついてくる👍

もちろん理想はマイナス言葉をゼロにすること。
しかし、焦ることなく継続的にマイナス言葉を減らしながら、
プラス言葉を習慣にしていく。

心のグラスにキレイな水が入っているとする
そこに1滴の黒い水(マイナス言葉)が入ると水はたちまち濁っていく。

この濁ってしまったグラスに
キレイな水(プラス言葉)を落としていき
キレイにしていく。こんなイメージです!

なぜ言葉を変えると未来が変わるのか?

言葉という人生のハンドルをうまく使う

レーシングドライバーは壁にぶつかりそうになった時、
どうクラッシュを回避するか知っていますか?

 

目を瞑ったり、壁を見たりせずに、
自分がハンドルを切る方向を見るのです。

回避方向を見ることで、
車が逃げ道の方に向かっていくことでクラッシュを避けることができるのです。

これと同じように、
日頃からプラス言葉を習慣化することで、
自分にとってマイナスな現象が起こりそうな時でも
言葉というハンドルを使って、
現実をいい方向に変えていくのです。

あなたがGOALを設定し、
その実現イメージを言葉にして潜在意識にすり込んでいくと、
潜在意識はそのGOALを達成させるための手段を捕まえるようになります。

 

脳には必要なものだけを残す機能がある

脳には、必要な情報を選別する特別な
フィルター”がある。

必要なものを選別し、そのほかを見えないように盲点にする。

この脳内フィルターのことを

RAS (Reticular Activating System:網様体賦活系)と呼ぶ。

脳幹網様体賦活系 - 脳科学辞典

物事が重要かどうかを判断するポイント
・あなたが普段から考えていること
・言葉に出していること
これらによって選別されるのです。

もしあたながゴルフに全く興味を持てないのに、
その話を強制されても頭に残らない。

逆に、
潜在意識が本当に『成功したい』と思った瞬間。

「うまくいかない理由」にフィルターがかかり、
『できる理由』にかかっていた脳内フィルターが開く。

つまり、できる理由が見えてくるということ。

こうして言葉は現実化する

未来の脚本をつくる

感動的な人生を送るためには、
思いのままに自分の人生のイメージを書き出し、
それをストーリー化して文字に起こす。

これが非常に効果的である。

未来のストーリーを先に書いたところで、
あなたの頭の中にイメージができ、
そして不思議とそのストーリーに沿って現実が作られていく。

人生の山も谷も、どれをとっても未来はいいものになる

「人生山あり谷あり」と言うが、
プラス言葉を使うと決めたあなたにとっては、
山や谷はこう変換できる。

下がった時は【学び期】
上がっていく時は【成長期】
ピークに達した時は【成功期】 と言うこと。

そう捉えると、あなたの目の前にあるのは
「学び」「成長」「成功」の3つだけ。

どれをとっても、あなたの未来はいいものになる。

 

まとめ

「言葉は現実化する」

めちゃくちゃいい本でした。

普段何気なく発している「言葉」
その言葉には自分自身をつくる力があるんだと学びました。

自分も最近コーチングを受け始めて、
言葉の持つ力の強さを実感しています。

自分がどんな人生をいきたいのか。
どんな目標を掲げて生きるのか

それを言葉にして、
その言葉を現実化させます。

本当にいい本だったので
ぜひ、この記事を読んでくださったあなたにも読んで欲しいです。

言葉は現実化する 人生は、たった“ひと言”から動きはじめる (きずな出版) | 永松 茂久 | 自己啓発 | Kindleストア | Amazon
Amazonで永松 茂久の言葉は現実化する 人生は、たった“ひと言”から動きはじめる (きずな出版)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

 

NEXT ACTION
・未来の脚本をつくる
・日頃からプラス言葉をたくさん使い、
マイナス言葉を使わない

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました