書籍「Selfish」がスゴかった!【人生のバイブル】

BOOK
当記事がこんな方にオススメ!
・自分らしく豊かな人生を目指す人!
・わがままな自分が嫌いな人
・ビジネスで成功を勝ち取りたい人

 

SELFISH(セルフィッシュ) (単行本) | トマス・J・レナード, バイロン・ローソン, 秦 卓民, 糟野 桃代 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでトマス・J・レナード, バイロン・ローソン, 秦 卓民, 糟野 桃代のSELFISH(セルフィッシュ) (単行本)。アマゾンならポイント還元本が多数。トマス・J・レナード, バイロン・ローソン, 秦 卓民, 糟野 桃代作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またSELFISH(セルフィッシュ) (単...

「Selfish」の概要

 

【概要】
著者:トマス・J・レナード
監修:秦 卓民
出版社:祥伝社
出版年月日:2019年11月10日
ページ数:531p
「Selfish」の意味をGoogle検索すると、
・わがまま
・自分勝手
・自己中心

これらの言葉が出てきます。

 

日本でさまざまな人と関わり、

生活していると、
これらの言葉は

よくない印象だと捉えられます。

 

そんな中、この本の冒頭。

第1章ではいきなり
「信じられないくらいセルフィッシュになれ!」
という文面から始まるので、
これには驚きました笑
「え!信じられないくらいわがままになることが、
成功を引き寄せる法則な訳がない!」

そう思いました。

しかし!
この本では「Selfish」を自分本位と表現されており、
私はそこに魅力を強く感じました。

自分本位と自己中心の違いは何か。

 

Selfishとは全くネガティブなことではない。

 

自己中心とは、
自分のことしか考えておらず、
世界は自分中心に回っていると思うことを言う。

 

これには心配りが欠けていて、
他人のことを全く考えられていない。

 

自分本位とは、
自分の望みを自覚し、無理をせず、
未来に期待せず、つねにゆとりがあるもの。

 

自分本位な生き方は、
自分に対して自然に生きることであり、
結果として利他にもつながることだと、私は認識しました。

 

今この瞬間に生きるからこそ、
人は最も魅力的に輝く。

未来のためがむしゃらに頑張ったり、
過去をどうにかしようとするのではない。

心地よく、穏やかな気持ちで、今この瞬間に集中すること。

それこそがより良い未来を引き寄せる方法だと、
何度も著者は本の中で述べています。

私の性格上、
未来思考が強いので、この本は自分を見つめ直すきっかけとなり、
本当の自分に出会える気付きを与えてくれる本だと確信を得ました。

書籍「Selfish」のココがすごい!

 

すごいポイント①

ステップ形式になっており、
好きなところから読めるので、読みやすい!

 

 

この本を読む際、

初めはページ数のボリューム感に驚きました。

 

しかし、内容は
自分の中にあるすでに素晴らしい強みを引き出し、
その最高の資質を活かして人生を謳歌するための、
実践的な28のステップ。

 

つまり、”28個の魅惑の法則”を紹介していくと言うもの

 

下記の図を見てください。

 

これは、本書の28個の魅惑の法則が
一つ一つどんなステップで紹介されているのかを表した図です。決まった流れで解説が進んでいくので、
読む側にとって非常に読みやすい形式になっています!

1. 主題(テーマ)の解説
2. ニュアンスの違い 解説

3. この方法が身につくとどんな状態になるのか
4. テーマの解決へ導く10の方法

5. 自己の分析につながる診断ワーク

28個ある魅惑の法則のすべてが
このステップで進んでいきます。

ですから、気になるステップから気軽に読むことができます!

すごいポイント②
自己チェック診断ワークで内省ができる!

 

ステップによってはワークが用意されており、
ワークをしながら自分の内面と向き合うことができます。

 

【例】
ステップ6「周りに絶大な影響を与える」の章では、

『コミュニケーションを磨く100の方法』として、
自身のコミュニケーションスキルがどれほどあるのか。

その程度を知るための質問が用意されており、
自分のスキルが見える化される素晴らしいワークでした!

このようなワークを通して自分自身について気付きを得ると共に、
他の人に与える影響を最大化する方法についても、
多くのヒントが得られます!!

 

本当の自分に出会える一冊

 

「Selfish」な自分になることのメリットは多くあります。

 

・大切なものがわかる
・我慢をしなくても成功がやってくる
・正当な評価を受けて昇進できる
・身のまわりも生活も整えられるようになる
・お金まわりがきちんとする
・会いたい人に自然と会える
・自分の欠点さえも武器になり、圧倒的な魅力を自分に感じる
・余裕が生まれる
・人間関係が改善される
・ストレスがなくなる

 

これら全てを兼ね備えた自分を想像するだけでもワクワクしますね。

 

”自分本位”で生きるという事は
自分の心の声に従うこと。
現在を精一杯大切にすること。

人に価値を与えること。

 

つまりは、
「徹底的に自分を磨く」ということ。

 

20年前に出版された本ですが、
むしろこれからの時代に必要とされる。

 

そんな内容の一冊でした。

SELFISH(セルフィッシュ) (単行本) | トマス・J・レナード, バイロン・ローソン, 秦 卓民, 糟野 桃代 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでトマス・J・レナード, バイロン・ローソン, 秦 卓民, 糟野 桃代のSELFISH(セルフィッシュ) (単行本)。アマゾンならポイント還元本が多数。トマス・J・レナード, バイロン・ローソン, 秦 卓民, 糟野 桃代作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またSELFISH(セルフィッシュ) (単...

 

まとめ

 

この本を読み始めた時、
第1章から「信じられないくらいセルフィッシュになれ!」
というテーマから始まり、正直驚きました。笑

 

しかし、読み進めていく中で、
「自分本位」とは、利他的の対極にある言葉ではなく、

 

自分本位な生き方をすることで、
結果として、利他にも繋がるんだ。ということを感じました。

 

この本を読みながらワークをしていく中で
新しい気づきを発見したり、
自分を見つめ直したりすることができています。

 

ビジネスされている方や、会社員に関係なく、
「人生をよりよくしていきたい!」
そう思われている方に読んで欲しい一冊。

この本を1回読んで終わりでなく、
バイブルのように、何度も立ち返り、
読み返す一冊になりそうです!!

 

最後まで記事を読んでくださり、
ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました