中田敦彦 独学の教科書【受験生に読んで欲しい!】

BOOK

この本を、中学生や高校生のときに読みたかった❗️

そう思える1冊でした。

もちろん、社会人になった私たちにも
生きていく上で大切なことを学べる1冊です
😁

Amazon.co.jp: 勉強が死ぬほど面白くなる独学の教科書 eBook: 中田 敦彦: Kindleストア
Amazon.co.jp: 勉強が死ぬほど面白くなる独学の教科書 eBook: 中田 敦彦: Kindleストア

 

当記事はこんな方にオススメ!
・中田敦彦が薦める独学での勉強法が知りたい方。
・子どもの勉強に対する考え方を変えたい方。
・中田敦彦のYouTubeチャンネルが好きな方。

みなさん、【中田敦彦のYouTube大学】という
YouTubeチャンネルはご存知ですか?

中田敦彦のYouTube大学
中田敦彦が「教育系YouTuber」として、学べる動画を毎日更新。生で授業を受けたい人は中田敦彦オンラインサロン「PROGRESS」へ。入会はコチラ

チャンネル登録者数250万人を超える
大人気の「教育系YouTubeチャンネル」です!

この本では、そんな中田敦彦さんが

✅なぜ教育系YouTuberになったのか。

✅なぜあんなに面白い授業をできるのか。

✅どうやって独学で勉強してるのか。

✅さらには科目別のオススメ勉強法

これら素晴らしい内容が学べちゃいます👍

↓勉強になるオススメYouTuber↓

【この人から学べ】オススメYouTuber7選
YouTubeは娯楽としての楽しい動画を見るだけのツールではありませんYouTubeというと、楽しい一...

2019年春にスタートした動画配信ですが、
そもそものきっかけは

すでにYouTuberとして活躍していた
カジサックさん(キングコング:梶原雄太さん)
からかけていただいた言葉でした。

カジサックさんのチャンネルに出演した際に

「中田さんは、教育系 YoutTuberになりなよ❗️」
と、アドバイスを受けたことから始まりました。

カジサック KAJISAC
吉本興業所属のお笑い芸人キングコング梶原が、新米 Youtuberの「カジサック」となりました。 カジサックの部屋に様々なジャンルの達人たちを招き、成長していきます。 2019年末までにチャンネル登録者数100万人を目指して頑張ります! ⇨おかげ様で2019年7月に100万人突破しました!ありがとうございます。 ...

「学校の授業」にずっと違和感があった

中田さんは学生時代に受けていた授業に対して
2つの違和感を持っていました。

☑️1つ目は「覚えるべき理由」が分からないこと

 「ここはテストに出る大事なところだから、しっかり覚えておくように」

このよくある学校の先生が言うセリフに
中田さんは内心イラっとしていたんです。

本来、テストは勉強をやる「目的」ではない。

勉強の習熟度を確認するための
1つのツールにすぎないのです。

☑️2つ目は、「先生には、2つのタイプしかいない」こと

先生の1つ目のタイプは、[学校型の先生]👨‍🏫

学校型の先生は教科書をはみ出せない。
教科書に沿って、内容を忠実に教えることしかできない
限界があるのです。

先生の2つ目のタイプは[塾型の先生]👩‍🏫

[学校型]とは逆に、教科書をはみ出して
自由なスタイルで教えることができる。

ただし、塾型の先生にも制約がある。

それは、
「生徒の成績アップ、もしくは受験の合格を
目的にしなければならないこと」

したがって、点数アップに直結しない内容に
時間を割く授業はできません。

ここで、中田敦彦さんは

「これまでにない先生像」をつくり、

勉強の新しい「価値」を提案する
授業をしようと考えたのです❗️

これから「独学」は必須スキルになる!✍️

教養は、自分をアップグレードさせるために欠かせないもの

現在は、「学びたい」と言う欲求さえあれば、
いくらでも自分で学べる環境が揃っている。

これからの時代、
「独学ができる人」と「できない人」

その間にはかなり大きな差が生まれる。🗻

①「読書」の目的を明確にする。

実は、中田さんは本を読むのは苦手なのだそうです。

でも、
「情報収集の手段として本が優れている」
「教養を勉強するのは面白い」

この考えがあるので、割りきって本を読めるのです。🤓

本を読むのが苦手な人は、
最初に自分の中で読書の「目的」を明確にすると良い。

読書で得られる5つのメリット【意外と知られていない】
読書にはたくさんのメリットがあることをあなたは知っていますか?この記事では、【意外と知られていない】読書で得られる5つの...

 

②情報収集は「1冊の本」を軸にする。

  「今の時代、本よりもネット検索の方が効率よくないですか?」

このような疑問を持つ人がいるかもしれない。

情報にアクセスする「速さ」には優位性があるが
ネットで入手できるのは、
あくまでも「単発の情報」

中田さんの場合、
読みやすそうな本を2〜3冊まとめて購入。読み比べる。
そのうち1冊を軸にして残りは補完的に参考にする。

本を読んでいて気になったキーワードは
ネットで調べる。
💻

この流れが、中田流「情報収集法」

③本で学んだ知識を「体感」してみる

勉強する時に、中田さんが気をつけていること

それは、インプット一辺倒にしないこと。

本で学んだことをそのまま放置すれば、
記憶から薄れていく一方になってしまう。

インプットとアウトプットを両方行うことで、
知識が自分の中にうまく落とし込まれていく。

なので、
学んだことはノートやブログに書いたりして、
意識的にアウトプットした方が良い
👍

④「誰かに話すこと」を前提に本を読む

アウトプットの方法として、
「人に話すこと」もオススメ。

そうすることで、
学んだ知識がより頭の中で整理されたり
きちんと理解できていなかった点などが明らかになったりする。

話すことを前提にして情報収集すると、

インプットしながら情報が頭の中で
立体的に積み上がっていく。

⑤「テレビ番組」を学びのツールにしない

中田さんは
テレビのニュース番組やワイドショーはまったくと言っていいほど見ない。

なぜなら、圧倒的に効率が悪いから。

そもそも、
全てのメディアが公平と言うことはありえない。

例えば、番組のスポンサー企業がトラブルを起こした時、
よほどの社会問題にならない限り、
トラブルに関して番組はスルーします。

中田さんが一番伝えたいのは、
どこにも忖度しないメディアなんて存在しない
ということ。

テレビをみるだけでなく、
ネットからも情報を得るのが望ましい。

大量の情報の中から、バランスよく情報を選び取り、
納得のいく真実にたどり着こうとする姿勢が重要。

⑥「歴史」を軸に、その他の分野を横展開で学ぶ

大人の学び直しの勉強を始める時に、
最初にどの分野空手をつけていいのか。

中田敦彦のオススメは「歴史」

最初に、日本史と世界史を学んで
自分の中で歴史の軸をつくる。

その次に、歴史の知識を軸にしながら、
文学や政治、経済、アートなどの分野に勉強を広げていく。

歴史の軸を作るメリットは、
ジャンルを広げて行った時に、
自分の頭の中で知識を一つに
体系立てて整理しやするなること。

最後まで見てくださりありがとうございます🙇‍♂️

この記事では、中田さんがYouTuberになった理由や
勉強に対する考え方などについてご紹介しました。

ここで紹介した内容は書籍の第1章にしかすぎません。

第2章からは具体的に独学勉強法のコツ
について中田さんのユーモアを交えながら
楽しく学んでいくことができます😊

特に今学生の方は
この本を読むか読まないかで
授業の聞き方や勉強の捉え方が全然変わってくると感じました。

ぜひ実際に読んでみてください👍

Amazon.co.jp: 勉強が死ぬほど面白くなる独学の教科書 eBook: 中田 敦彦: Kindleストア
Amazon.co.jp: 勉強が死ぬほど面白くなる独学の教科書 eBook: 中田 敦彦: Kindleストア

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました