【世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方】

BOOK

この記事を観てくださったあなたは
この様な悩みを抱えていらっしゃるかもしれません。

「この仕事をずっと続けていいのか分からな  い。。
 モヤモヤする。。」

「『何か』やりたいけれど
 『何がしたいのか』分からない…」

この本を読めば、その悩みは解決に向かいます👍

「成長し続ける」無限ループに入る方法

この本を読んだ方は

「やりたいこと」で成長し続ける
無限ループに入ることができます。

✅自分の「やりたいこと」を学び成長する
✅学んだことを人に提供してお金と感謝をセットで受けとる
✅そのお金を、また学びに投資する
✅そして、成長したスキルでより高い報酬を受け取る

こんな好循環に入ってもらうのがこの本の目的です👆

この無限ループに入るために最も重要なことが
『やりたいことを見つける』と言う作業です❗️

「やりたいこと」探しを妨げる5つの間違い

間違い①
「一生やり続けられること」でなければいけない

「やりたいこと」を見つける段階で

「これを一生の仕事にしよう!」

と思えるようなことはありえない。

そうではなく、
「やりたいこと」は
「今一番『やりたいこと』」で構いません。

社会の変化が目まぐるしいこの時代に

1つの「やりたいこと」に固執し続けるのは、
もはやリスクでしかないのです
😓

間違い②
やりたいことを見つけた時には「運命的な感覚」がある

実際のところ、
「やりたいこと」を見つけても最初は、

「ふ〜ん、面白いかも」

と言う興味レベルであることがほとんどです。

『やりたいこと』はどこかに存在しているもの
と言う考えの人と

『やりたいこと』は試行錯誤しながら育てていくもの
と言う考えの人は、

最終的にどちらが満足する仕事を手に入れられるでしょうか?

そもそも楽しいだけの仕事なんてどこにも存在していない。

どんな仕事も面倒なこともあれば、嫌なこともある。

「やりたいこと」のために
「やらなければいけないこと」も存在するが
それを工夫して楽しめるようにしていくのも仕事の一部です😁

間違い③
「人のためになること」でなければいけない

この間違いをしていると、
自分の「やりたいこと」は見つかったのに

「これがやりたい!」と周りの人に言うことができない。

けれど、
「やりたいこと」を考える時点では、
それが人の役に立つかどうかなんてどうでもいいことです

どんな「やりたいこと」でも、
あなたが興味を持ったなら、
同じことに興味を持っている人は必ずいる。

その人たちに向けてアプローチすることで、
必ず仕事になります❗️

仕事になると言うことは、
価値を感じてくれる人がいるということなので

自分の「やりたいこと」を続けた結果として
それが「人のためになっている」というのが正しい。

間違い④
見つけるには「たくさん行動する」しかない

「やりたいことが分からないなら、
 とにかく行動してみるしかないよ」

というアドバイスをよく聞きます。

けれど、このアプローチは間違っている。

なぜなら、
「やりたいこと」が分からない原因の多くは
「選択肢が多すぎること」だから。

やりたいことを選択する時には
2つの要素が必要となる。

一つは選択肢
どんな種類の仕事があるのか。

もう一つは選択基準
いくらたくさんの選択肢があったとしても、
その中から選ぶ力を持っていなければ、
納得のいく選択をすることはできない。

必要なのは「選択基準」を磨くこと。

選択基準は自分の内側にしかない。

だから選択基準を磨くために
自己理解が必要なんです❗️

間違い⑤
やりたいことが「仕事」にならない

・やりたいことは自分の中にあります。
・やりたいことの実現手段は社会の中にあります。

これを理解しておく必要がある。

「やりたいこと」の実現手段まで自分で
考えなければいけないとなると、

「やりたいこと」探しのハードルが一気に上がってしまう😩

だから「やりたいこと」を探す段階で、
実現手段をセットで考えるのはやめる。

それは後の話だから。

最後に

この本では、

実際に「やりたいこと」を探すことができる公式が紹介されています。

社会人2年目になった現在、
自分はまさに「やりたいこと探し」の真っ最中にあります。

そんな自分に、この本はかなり大きなヒントを与えてくれました。
そして、行動につなげてくれました。

続きはぜひ、実際に読んでみてください!!

毎日やりたいことにワクワクし、
成長して、そのやりたいことで
人を喜ばせ収入も増え続ける。

この記事を読んでくださったあなたには
そんな人生を送って欲しいです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

Bitly

コメント

タイトルとURLをコピーしました